« アスニーよし笛演奏会 | トップページ | 年末クラシック »

2010/12/30

五嶋龍ヴァイオリンリサイタル(宗次ホール・2010)

五嶋龍ヴァイオリンリサイタルの29日昼の部に出かけた。
一路、名古屋、宗次ホールへ。
京都駅で、ワォ!コバケンさんを目撃!何でか誰も気付いていない。声をかけ損ねた。サイン貰っておけば良かった。

さて、龍くん。
プログラムは、前半はパガニー二の24のカプリースより、第1番から第11番。
いつもながら、さらっと超絶技巧なのに、それを全く感じさせない、軽快で明快だけれど、深い。

後半は、ブラームスの3番のソナタとラヴェルのツィガーヌ。
ブラームスは、とても丁寧に、深みのある音色で進んでいく。が、第4楽章でちょっとしたアクシデント。冒頭の重音の三連のあたりで4弦が半音以上下がってしまった。顔色も変えずにチューニングし直して、頭から。しかし、中盤ごろ、今度は1弦が下がる。慌てず騒がず、ピアノの鳥羽さんの楽譜を弓で指して、音楽は続く。
ブラームスは、深い音楽だから、弾き手も聞き手もじっくりとと思うから少し惜しかったかなぁ。
ツィガーヌ。
弾く前に、今度は大丈夫ですから、と前置きに会場も暖かい笑い声が。
明らかに2006年の時と変えてきている。彼の試みというのかどうかは分かりませんが。ライブですから、いろんなツィガーヌがあってもいいかと。

とりあえず、あと3回、アクシデントなしで弾き切って欲しいなぁ、と思いました。
あとは、本日30日の2回公演が終わってから、書き足します。

101

102

« アスニーよし笛演奏会 | トップページ | 年末クラシック »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544426/50435420

この記事へのトラックバック一覧です: 五嶋龍ヴァイオリンリサイタル(宗次ホール・2010):

« アスニーよし笛演奏会 | トップページ | 年末クラシック »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

Amazon ウィジット

  • パガニーニアーナ
  • ロマン派の交響曲
  • 天才の育て方
  • クラシック新定番100人100曲