« 2016年11月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017/03/21

五嶋龍&ベルリンコンツェルトハウス管弦楽団大阪公演

今年に入ってから久々に投稿です。

一昨日、2017年3月19日(日)、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団演奏会大阪公演に行って来ました。

とても深い音楽が聞けたと思います。

インバル氏は御年80歳とは思えぬエネルギッシュな指揮ぶりで巨大なオケを牽引して素晴らしかった。

ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より前奏曲と愛の死
トリスタン和声の何と繊細で美しい事か。弦楽器群の音の重なりとうねりが悲しくも美しい。

五嶋龍さんは、前橋公演の前にインタビューを行っていたよう。メンコンを弾く事になった経緯と、聴衆はどんな所が好きなのか、メロディなのか、テンポかのか、それが知りたい。そして「有名だからこそ、”同じように聞こえる”のが難しい」と答えていた。

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64
姉みどりさんの音楽観を叩き台に、その上に龍さんの解釈した龍さんらしさが出ていた演奏だったと思います。

一楽章は、カデンツァからテンポが自由にそして非常にゆっくりと、一音一音が確信的に。
二楽章は、明朗で軽やかに。
三楽章は、少しざらついた音も聞こえながら終盤には最速のテンポで快活に。
鳴りやまぬ拍手に、にこやかに。
パンフレットのソロ奏者の紹介文の中に2017年後半に、自身の企画で”拉致問題を風化させないためのチャリティコンサート(仮)”を各地で開催する、とある。龍さんらしい企画であろうと思う。

休憩後。
マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」
マーラーの深くて優しいモチーフと激しいモチーフが混在する巨大な音楽である。
生と死。マーラーの音楽は、どの交響曲もテーマは同じではあるが、さすらう若人の歌が使われている第一部の1楽章2楽章3楽章はアタッカで。そして第二部の4楽章と5楽章もアタッカで。弦楽器群の唸るようなうねりがマーラーの心を体現してくれる。
最初35年前に京都市交響楽団の常任だった小林研一郎氏の「巨人」を初めて聞いて感動の余りに涙したが、この時も涙が止まらなかった。救いの音楽を聴いた。

晴れ晴れとし、そして家路につく事が出来た。

Img_0022_2

Img_0024_2

« 2016年11月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

Amazon ウィジット

  • パガニーニアーナ
  • ロマン派の交響曲
  • 天才の育て方
  • クラシック新定番100人100曲