パソコン・インターネット

2011/09/02

らじる・らじるを聞いてみた

今日は、というより、日付が変わっているから、もう昨日なのだけど、家に帰って、新聞広げると、らじる☆らじる(NHK)放送開始、なんて書いてあって。

早速、聞いてみた。なんとなく。

肝心のFMのベストオブクラシックは聞けないんだとか。

視聴料払うから、聴かせておくれよ、NHKさん。

だってさ、雑音、多すぎなんだもの。やっぱり、インターネットラジオ、最高ですね。

radikoもよく聞こえるし。聞きながらのPC作業も出来るし。

テレビは、「ながら」が出来ない。それに、魅力ある番組もなくなってきているしね。

また、ラジオに帰っていくのだろうか。

2011/05/04

OTTAVAを聴いた。

昨日は、午前中に練習会場の抽選に行くも外れ。

午後からは、PCの前に座り、OTTAVA ラフォルジュルネオジャポンのライヴストリーミングをずっと聴いていた。

自宅にはいるけれど、東京国際フォーラムのざわめきが体感できる一時であった。

OTTAVAブースには、ゲストが入れ替わり立ち替わり、いろんな感銘深い言葉を残し、あるいは、トトロのハーモニーが聞こえ、ルネマルタンさんの音楽に対するひたむきさや想いがあふれるトークを聞き、最後には涙ぐむ始末。

もう、来年の構想も言ってましたね、ルネさん。

熱いルネマルタンさんに火を付けるのは、プレゼンターの林田さん。彼も熱いお方。

音楽は祈りである。

まさに、そう思う。

今、日本人の心は疲弊している。勿論、被災された方は云うまでもなく、何でもない人間までも、である。

報道は大事である。しかしながら、それが現実ではあるけれど、何度も何度も津波の映像を流し、あるいは爪痕残る跡形もない土地を映し、正常な人間の心までも侵食する。

だから、音楽は必要だ。歌も。おためごかしはいらない。本物が必要。

さて、今日の午後は、本田聖嗣さん。

どんなトークが飛び出すか。いつもはfrescoは聞かないから、ちょっと楽しみ。

2010/01/29

iPad

アマゾンのkindleが英字版しかないから、出るまで、しょうがないかな、と思っていたら、アップルからiPadなるものが6月にでるとか。

iPod、iPad、ややこしいなぁ。

自分は、iPhoneユーザーではないから、よくは分からないけど、使い勝手のほうは、どうなのだろうか。中途半端なデカさで、かえって不便なのでは。

それにしても、活字の電子化の流れは、止められないし、これから、出版業界は、生き残りをかけて、何か仕掛けないと。

自分は、本、というものは、結構、好きですけどね。

インクの匂いとか、紙の匂いとか。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

Amazon ウィジット

  • パガニーニアーナ
  • ロマン派の交響曲
  • 天才の育て方
  • クラシック新定番100人100曲