マンドリン

2014/08/18

第42回定期演奏会

備忘録として。

去る、7月21日、堀川マンドリン合奏団第42回定期演奏会が開催された。

合奏団にとって大きな出来事があったあとの演奏会。

団長である吉村氏の逝去は、団員にとって予想だにしなかった事でその衝撃と焦燥感は想像を絶するにあまりある。

そうは書かれてはいないが、追悼公演であった。

よく頑張ったと思う。しかし、ミスタッチなしで指揮者の指示通りに弾くだけでいっぱいいっぱいで、それ以上の思いというか表現が聞こえてこなかった。個人個人の確信の音がなかった。

敢えて、書かせて頂く。

堀川=藤田興の音楽だったものが、現在は、堀川=別もの、になってしまっている。

さらに、細川ガラシャをプログラムとして取り上げたのは、まさに、堀川の終わりの始まりである。吉村氏が存命ならば、却下の曲だからである。

仮に私がその席にいたならば、ガラシャは、立命の叩きの曲だから、celloが津軽三味線のような感じでバシバシ叩いて煽ることだろう。そしてcelloが煽って(煽動し動乱の渦に巻き込む)音楽を激動に引っ張っていかなくてはならないのに、それが出来ていなかった。celloがキモなのに。

藤田興氏、吉村良之氏、の二枚看板を失った堀川。

先ごろ、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、制作部門を一旦解体すると発表した。

これに、まさに似ている。ジブリの宮崎・高畑両監督の長編アニメーションからの引退がそういう英断を下した事になる。

堀川も二枚看板がいない以上、一旦解体する方が良いと思う。

「堀川」というブランドを現団員が背負うには、あまりにも重すぎるし、今後迷走しないためにも。

追記:解体は解散ではない。一番良い形態で継続したら良いということである。例えば、冠を外す(改称する)、指揮者T氏の負担が大き過ぎるのでアンサンブルにする、それも、各パート2名ないしは3名までの少人数で。コンマスは廃止。まぁ、現団員で結論を出せばよいだけである。見限った人間がモノ申すのも・・・

Img_0573

2013/11/25

青天の霹靂な大先輩との別れ

まことに、信じがたいことだった。

堀川マンドリン合奏団のコンサートマスターであるY・Y氏が急逝された。70歳だった。

キツネに抓まれたような、冗談でしょ、と言いたいような。

昨日である24日、葬儀があった。

祭壇の写真は微笑んでいた。今週の、母校でコンマスも務めた、D大の演奏会にも行く予定だったろうに。

Y氏の交友の広さを物語る参列の人の多さだった。愛された人であった。

ご冥福を祈り上げる。

Img_0521_web 昨日の夕日

2013/08/01

演奏会は終わった。

演奏会は終わった。

そして、新しく変わる。自分も。そして団も。

自分は、かなり自分で自分を追い詰めていた。ストレスで円形脱毛症になった。

現指揮者と偉大な音楽監督の天の声とに大きな違いがあって、音楽のすり合わせが難しくなった。勿論、天の声は、自分だけは聞こえる。他の団員には故藤田興氏の天の声は聞こえない。現指揮者にも聞こえない。だから、困るのだ。私には指揮者は不必要なのである。

だから、それを解決するには、徹底的に憎まれなければならない。

たとえ、暴言であっても。それは、大きければ大きいほど効果がある。

憎しみは増大し、増幅する。

そして、アイツがいなくなってせいせいした、と思って貰えれば、

これは、大成功なのである。思惑通りなのである。

代わりなど、いくらでもいる。自分でなくても。

自分は要らない人材なのだ。

そうやって、動いていく。

時間は過ぎていく。

そして、自分の存在など忘却の彼方にいけば、いい。

2012/07/28

明日は演奏会。

明日は、マンドリンの演奏会。

一応、40回記念ということで。

久しぶりに、合唱の方々とご一緒。

さて、どんな演奏会になることやら。

明日も暑そうだ。

2012/02/07

ミニコンサート

次の日曜日、12日に、東山いきいき市民活動センターでミニコンサートをセンターから依頼されて、開催することになっている。

行き場のなくなった(練習場所のことです)我々に、その場所を提供してくれるセンターさんからの依頼なので、二つ返事でお受けした。

ところが、参加メンバーは8人。「8人ですけど、どないしましょ?」と言ったら、「そんで十分です」てことで、やることになったものの、肝心のドラがいなくて、いつもは、ごっついセロを弾いている私が、急きょピンチヒッター。一人だけのドラやけど、どないなるんやろうか。

当日まで、4日の練習日にコンマスに借りたドラで、家でコソ練をして、あとは本番。

まぁ、何とかなるか・・・ならんと、かっこ付かん。

いかん、練習しとこ。

2010/12/04

実は、明日、演奏会。

最近、日曜ごとの練習が頻繁にありました。

もう、今は、高校にマンドリンクラブは存在しないけど、創部50周年。

で、5日の日曜にアニバーサリーコンサート。

一応、地元紙には載りました。

うん、自分は、写真には写っていない。セーフっ!

京都市立芸大と併設してあった、音高が、元城巽中学校の敷地に新しく建って、そこのホールで弾きます。

今日は、弦を張り替えなくちゃ。

Photo

WEB版には、なかった。探したけど。

こんな小さい記事は、驚きもしないだろうけど。

昨今の、世界情勢や雇用問題や、あれやこれや・・・

あと、数日で今年も終わる。

その前に、いい演奏をしたい。

悔いが残らぬよう。

2010/06/09

コンサート

昨日、長岡京市にある、西山病院でコンサートをしに行ってきた。

ここへ行くのは、二年ぶりかな。

光の音符、西村ゆりさんと、その仲間たち。に久しぶりに加わった。

2回公演です。

へ、しかも、1回目は、ピアノのようこさんがいないって・・・

そう、ようこさんは、養護学校の先生なのです。

で、フルートの弥勒さんと。弥勒さんは、看護師です。

彼は、バイクで転倒して、肩の骨を折り、お仕事休養中です。

いつも、リハーサルなしの、ぶっつけ本番。

桃太郎(ゆりさん)の後ろに2人のお供。あ、二回目はピアノも入れて3人ですね。

朧月夜、蛍、野ばら、ローレライ、高原列車は行く、などなど・・・

何か弾け、と言われて困ると困るので、オーソレミオの楽譜を持参しといて良かった・・・

入院患者さんたち、一生懸命歌ってくれました。

こちらも、マンドリン、気持ちよく弾けました。

龍くんが、言ってたなぁ。自分福祉が、結果として、社会福祉になるって。

それを実感した一日でした。

2010/05/18

高槻マンドリン定演

土曜日、たかつきマンドリン倶楽部第9回定期演奏会に行ってきた。

高槻現代劇場中ホールで行われた。

席数は、よくは分からないけど、600くらいでしょうか。

ほぼ、満席でした。

1部は、クラシックの名曲。

美しく青きドナウ、別れの曲、軽騎兵序曲。

2部は、映画音楽。

80日間世界一周、太陽がいっぱい、第三の男、ひまわり、シェルブールの雨傘、ムーンリバー、シェーン、大脱走。

3部は、オリジナル。

道化師、いつかの美しい日のように、劇的序曲。

どこも、そうなのかもしれないけど、団員が減ったかのようにも見える。

それでも、40人はいるから、かっこいいのだ。

けど、ギターのキザミが遅れてきて、壊れるかと・・・思った。

曲は、万人向けで、バランスはいいけど、曲数多すぎて大変だろうな、と思った。

ドラのT氏はトップで、うちのトップも務めてくださっているので、応援かたがた。

兄さん、音、よく、聞こえてました。

次は、うちの定演だ。

頑張ってね。

2010/03/06

SMD100周年演奏会

SMD100周年演奏かい

今日は、あいにくのお天気であったが、たくさんの人だった。

舞台下手ソデ近くには、トロフィーが置いてある。(ペナント写そうとして、トロフィーは切れてますね、しかも、そのペナント、スポットが当たっていたので、ハレーション起こしてますね(笑)写メ下手くそです、開演前です)

現役ステージ、OBステージ、そして、合同ステージ。

合同ステージでは、総勢170名くらいは乗っていたのでは。

セロ12・3本は、壮観です。そして、低音パート、ド迫力です。

石村先生、すごいですね。求心力が。音、違いました。

アンコールは、メリアでした。超カッケ~。

いい演奏会でした。

追記

You Tube見てたら、こんなのが追加されてました。

SMD会、気合入ってるなぁ。

http://www.youtube.com/watch?v=o6Y7iJNLyL4

さらに追記

《ギターの時間》さんのサイトに100周年演奏会の写真集がアップされています。

http://294bros.heteml.jp/news/SMD_concert/index.html

いや、懐かしい顔が・・・、おっさんになっている・・・・

そうか、自分も、だ。

2010/03/03

同志社SMD100周年

同志社大学マンドリンクラブ創部100周年記念コンサートが3月6日(土)に京都コンサートホールにて催される。↓

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100227000093&genre=G1&area=K00

You Tubeにも揚がってます。↓

http://www.youtube.com/watch?v=Mdp-XzjTfVc

うちの合奏団のコンマスが、SMDの会長なので。

聴きにいきます。混むやろなぁ~。

あの顔とか、この顔とか、見えるんだろうな。懐かしそう。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

Amazon ウィジット

  • パガニーニアーナ
  • ロマン派の交響曲
  • 天才の育て方
  • クラシック新定番100人100曲