映画

2016/05/20

MET:蝶々夫人

ずっとお無沙汰をしてしまって、もう、5月も3分の2終わろうとしている。

先週、MET:蝶々夫人を見て来た。今年はライヴビューング10周年アニバーサリーという事で、何としたことか、パンフレットが手に入らない。もう入荷もないらしい。

さて、なぜマノン・レスコーをスルーして蝶々夫人にしたのかと言うと、昨シーズン、ボエームのミミ役のハーティックが気管支炎か何かだったか忘れたけど歌えなくてオポライスに依頼が回ってきた、彼女は蝶々夫人をうたい上げた、その12時間後にボエームを歌ったのであった。そのオポライスの蝶々さんを見たかった、それに尽きる。

故ミンゲラ氏の演出は、とてもシンプルで20枚くらいの障子の移動で歌手の移動や場面の切り替えをするという、極めて日本的なもの。10年も前にプロダクションされたものとはとても思えない。最大の驚きは生身の子供を使わず浄瑠璃人形を使用していた事だった。日本人でさえ、浄瑠璃はよく知らない人が多いと思う、自分も含めて。それを理解しているのが凄いなと思った。

オポライスの蝶々さんは、とても毅然としていて、そして、極めて女らしい一途さが滲み出ていた。目力が半端なく強い。信じて疑わない。そういう蝶々さんがいじらしく感じた。

アラーニャのピンカートンは、旅の途中の芸者を買って遊んで、米国に帰って米国人の女性と結婚してしまう、軽々しい男性である。本来はラダメスなどの英雄役が多い気がするが、若い将校の遊びのつもりの結婚と最後の苦悩を幕切れで見事に演じていた。

とても見ごたえのあった作品だった。

1

2

3

2015/02/26

MET:メリーウィドウ

何だかんだで、気が付くと二月もあと二日で終わり。

早いです。
行っとかないと明日で終わってしまう、と慌てて。
METライヴビューイング:レハールのオペレッタ:メリーウィドウを観に行ってきました。
昔むかしに京響で観たのです。
これを書く前に、これ以前に観た、フィガロの結婚、カルメン、セヴィリアの理髪師もレビューをここに書こうと思っていたのですが、どうやら、降順で書く破目になりました。
さて、とても豪華な舞台装置と衣装と踊りと歌唱で圧倒です。
もちろん、ハンナ・グラヴァリ役のルネ・フレミングが秀逸です。
ブロードウェイの第一人者ストローマンの演出・振付、ヴァランシェンヌ役のケリー・オハラ(ブロードウェイのスター)はMETデビューだそうで、こういう配役もありと、納得なのでした。
圧巻は、2幕と3幕の間の場面転換。2幕のハンナの別邸のセットがワイヤーで上がっていく間にマキシムの踊り子役のダンサーが前で踊っている間奏が流れている時に舞台下からキャバレー・マキシムのセットがせり上がってくる。
そして、ロロ・ドド・ジュジュ・クロクロ・マルゴ・フルフルの歌って踊りまくるカンカンが興奮をさらに盛り上げるのです。
とても楽しい時間でした。
Met_2
 

2014/11/08

MET:マクベス

さて、11月になった。

結構クラシック音楽ジャーナリスト系の方々がブログなどIT発信で賑わせている、METライヴビューイングが2014-15年シーズン、始まりました。

一昨日6日、第一作目の「ヴェルディのオペラ:マクベス」を観てきました。

三年連続で開幕を飾っているのが、歌姫アンナ・ネトレプコ。

一昨年の愛の妙薬、昨年のエフゲニー・オネーギン、そして、今年はマクベス夫人。

強欲のため夫マクベスをそそのかし王と王妃という権力を手に入れるも、その未来と犯した罪に苛まれる。そして狂乱し死する。またマクベスも殺害した元国王の子によって殺される。

その狂気に満ち満ちた演技と歌唱が凄かったと思う。

新しい新境地を開いたのでないだろうか。

次は、イオランタである。これも楽しみである。

METライヴビューイング公式サイト http://www.shochiku.co.jp/met/

Met

2014/06/04

MET:コジ・ファン・トゥッテ、WOOD JOB他映画観たもの

さても、またまたためているので、映画の観たものを例のごとく、列記。降順で。

5月29日、MET:コジ・ファン・トゥッテ、5月29日、WOOD JOB!神去なあなあ日常、5月15日、テルマエ・ロマエⅡ、5月15日、MET:ラ・ボエーム。

4月23日、チームバチスタFINAL、4月23日、それでも夜は明ける、4月15日、MET:ウェルテル。

かなりの幅のある選択の仕方ではあるが、とても印象に残ることは、METライヴビューイングは、王道の娯楽映画であるし、インターミッションの間も舞台裏の大道具が動く様やキャストのインタビューなど、知りえない貴重な映像が見られることであろうか。来シーズンも見逃せない演目がひしめいている。楽しみである。

MET2014-15シーズンラインナップ↓

http://met-live.blogspot.jp/2014/02/2014-15.html

2014-15予告映像↓

http://www.youtube.com/watch?v=IPqb62S8k94

それから、アメリカアカデミー賞をさらった「それでも夜は明ける」。自由黒人というのも知らなかったが、南北戦争後、黒人奴隷制度の崩壊後、それでもなお、騙してまで人身売買が行われていた、そして人権がはく奪されていた、そのようなことがまかり通っていた、そのことに衝撃を受けた人は観覧した人たちだけではなかろう、と思う。一石を投じる作品であろうと思った。

Img_0545ウェルテル、ヨナス・カウフマンが凄い、ゲーテが乗り移ったような

Img_0549第2幕のカルチェ・ラタンのカフェ・モニュスの2階建て舞台装置が圧巻、キャスト・合唱・エキストラ総勢100名がセットに乗っている

Img_0552第1幕まく切れの6人の6重唱がもう凄い、デスピーナ役のダニエル・ドゥ・ニースの小悪魔的な魅力が秀逸、恋がこんがらがるようにひっかきまわしている面白い役回り

ポチッとよろしく!

2014/04/14

偉大なるしゅららぼん、LIFE!、その他、映画観たもの。

さても、いつもの如くに溜めてしまったので、映画、本年に入ってから観たもの、降順で。列記。

4月10日、偉大なる、しゅららぼん、4月9日、LIFE!、4月8日、MET:イーゴリ公、4月3日、ワンチャンス。

3月19日、土竜の唄、3月19日、ジョバンニの島、3月12日、東京難民、3月5日、家路、3月5日、MET:ルサルカ。

2月20日、ゲノムハザード、2月20日、小さいおうち。

1月24日、母の身終い、1月15日、永遠の0、1月15日、MET:ファルスタッフ。

1月から冬時分は、ファルスタッフを除いては、結構、心えぐるものが多かった、というより、選んで観てしまったため、重苦しい気分で、日々を暮らし、これは冬眠がいいな、と思っていました。

しかし、最近、ワンチャンスとLIFEを観てからは、何かしら、根拠のない希望のようなものが湧いてきました。

折しも、4月半ば。桜も散り、若葉が芽吹くころ。

今週は、MET:ウェルテルを鑑賞予定。

201448 今年の花見は、ここだけ。三条大橋から鴨川河畔の桜。これで十分。人の多い場所は苦手。わざわざには出かけない。

Met METライブビューイング:イーゴリ公。あまりにも美しいプロダクション。ポロヴェツ人の踊りの芥子の花畑の舞台装置は夢想の世界のようだった。

 

2013/12/31

武士の献立、利休にたずねよ、あさひるばん、その他、映画、観たもの。

さても、あと今年も一日。

あれから、また、記してなかったので、例によって、またも、降順で、列記。

12月26日、武士の献立。12月25日、利休にたずねよ。12月25日、あさひるばん。12月20日、かぐや姫の物語。12月11日、SPEC・結・漸ノ篇。12月11日、SPEC・結・爻ノ篇。

11月27日、四十九日のレシピ。11月27日、ばしゃ馬さんとビッグマウス。11月22日、MET:鼻。11月20日、清須会議。11月6日、人類資金。11月6日、MET:エフゲニー・オネーギン。

2013年も終わりに近づいているわけだが、グロいものも含めて、人の情を描いているものが多かったように思う。

武士の献立などは、見ぬうちは、武士の家計簿の二番煎じかと思っていたけれど、武士の義と忠と家族愛をそこに見た。

今の人間に欠けているものにほかならないものを、それぞれの監督が、己の信ずるままに表現したいままにフィルム(あ、今はデジタルですね)に焼き付けたものであろうと思う。今の時代を映す合わせ鏡であろうとも思う。それを人は、どう感じ、どのように解釈するかは、また人それぞれである、とも思う。

今後の作品にも期待したいと思う。

2013/11/11

人類資金、オネーギン、その他、映画、観たもの、、

寒くなってきた。

もう、今年も二か月もない。時間は止まらない。

さて、例によって、例のごとく、前回からまた、空いてしまった。

で、例によって、降順で。列記。

11月6日、人類資金、11月6日、MET:エフゲニー・オネーギン。

10月30日、共喰い、10月29日、椿姫ができるまで、10月23日、地獄でなぜ悪い、10月23日、エリジウム、10月16日、謝罪の王様、10月15日、R100、10月9日、そして父になる、10月9日、今日子と修一の場合、10月7日、ベニシアさんの四季の庭、10月2日、凶悪、10月1日、許されざる者、10月1日、夏の終り。

9月12日、ワールド・ウォーZ、9月11日、タイムスクープハンター。

8月29日、ホワイトハウス・ダウン、8月28日、終戦のエンペラー、8月22日、少年H、8月20日、風立ちぬ、8月8日、サイレントヒル:リベレーション、8月8日、シャニダールの花、8月7日、ペタルダンス。

7月18日、25年目の弦楽四重奏、7月10日、俺はまだ本気出してないだけ、7月9日、奇跡のリンゴ、7月3日、さよなら渓谷、7月2日、二流小説家:シリアリスト。

またも、METの季節がやってきた。昨年も開幕第一作目の「愛の妙薬」を観に行ったけど、オペラなど、お高い料金のものも廉価で鑑賞できるのは有難いことだ。それにとても本場には行けぬから、なおさら。昨年と同じく、ネトレプコとクヴィエチェン、に加えて、昨シーズンのリゴレットの記憶も抜けぬままのベチャワという最強トリオ。タイトルロール:オネーギンのクヴィエチェンに当然眼がいくはずだが、そこはやはり、ネトレプコ。さま。堂々たる女王様なのだ。今シーズンは、気になる演目が多いので、楽しみ。

で、日本映画。リリー・フランキーさん出演2作品の真逆の演技が観たかった。凶悪の「先生」が不気味で怖かった。勿論、ピエール滝さんも。それに追い詰めていく山田孝之さんも。

さてさて、宮藤官九郎「謝罪の王様」VS.三谷幸喜「清須会議」。喜劇の映画の軍配は?まだ、清須会議は未見なので。

そして、椿姫ができるまで。エクサン・プロバンス音楽祭2011歌劇「椿姫」の夏の公演の前の4月ごろからの練習リハーサルの様子をもれなくドキュメント。涙出た。ナタリー・デセイの集中力と表現力の凄さ。テクニックでカバーする、と言い切る強気発言など、演出家シヴァディエとのやり取りなどは、もう、何も言えない。シヴァディエがヴィオレッタの死にカタルシスを出したいと言うと、「いいかも!」とデセイは言い、幕切れの死の表現を何度も繰り返した。膝から崩れ去るように倒れる。それを納得いくまで。床に頭打ち付けないでねと言われても何度でも。鳥肌がたった。どのジャンルの音楽でもそうだろうが、アマチュアは特に、このような稽古が必要であると思う。でないと、良い演奏など出来ない。楽しい練習などは決して無きに等しい。稽古の後の一杯の美酒の為の「練習」ならば、言語道断であろう。壮絶なる稽古から名演は生まれ、良い演奏会が出来ると思う。そうこうして、2・3日も経ってから、ようやく録画してあったNHKBSプレミアムシアターのエクサン・プロバンス音楽祭2011から歌劇「椿姫」のディスクを探し出して自宅鑑賞。ため息、絶句。感涙。プロって、やっぱ、凄すぎる。

ジブリのもう一本の映画も、もうすぐ。

食欲の秋、というよりは、映画、の秋。ですね。

ポチッとよろしく!

2013/07/12

奇跡のリンゴ、俺はまだ本気・・・、ほか映画、2013年前半、観たもの

前回書いてから、3か月。

夏。暑すぎる。これからが思い遣られる。早く、秋、来ないかな。夏、キライ。

さて、たまりにたまった、映画。は、ずっと観には行っている。

で、例によっていつものごとくに、降順で。列記。

7月10日、俺はまだ本気出してないだけ。7月9日、奇跡のリンゴ。7月3日、さよなら渓谷。7月2日、二流小説家・シリアリスト。

6月27日、体脂肪計タニタの社員食堂。6月27日、県庁おもてなし課。6月26日、はじまりのみち。6月25日、箱入り息子の恋。6月20日、藁の楯。6月13日、カルテット!。6月12日、探偵はBARにいる2。6月6日、アイアンマン3。

5月30日、舟を編む。5月21日、MET・ジュリアス・シーザー。5月8日、図書館戦争。

4月25日、ボクたちの交換日記。4月24日、桜、ふたたびの加奈子。4月23日、オズ・はじまりの戦い。4月17日、プラチナ・データ。4月15日、ひまわりと子犬の7日間。4月4日、千年の愉楽。

3月21日、すーちゃん・まいちゃん・さわ子さん。3月19日、横道世之介。3月14日、MET・リゴレット。3月12日、草原の椅子。3月7日、テッド。3月6日、ストロベリーナイト。

2月28日、東京家族。2月27日、きいろいゾウ。2月20日、つやのよる。2月13日、さよならドビュッシー。2月7日、カラカラ。

1月24日、MET・アイーダ。1月23日、レ・ミゼラブル。1月16日、大奥・永遠。1月10日、MET・皇帝ティートの慈悲。1月9日、フランケンウィニー。

まぁ、こうやって書き出してみると、今年に入ってから、METライヴビューイングに行っている回数が格段に増えている。

そう、今でも、強烈な印象が残っている。のが、ジュリオ・チェーザレ(ジュリアス・シーザー)。ナタリー・デセイがボリウッドダンスを踊りまくって歌いまくる。カウンターテナーが3人もいるし。詳しい事は、音楽ライターの飯尾氏のブログの5月のアーカイブに載っているので、参照して下さいな。妄想できます(笑)。だから、今でもYou Tubeで観ているのだけど。面白すぎ。

http://www.classicajapan.com/wn/2013/05/

そうねぇ、あとは、東京家族、はじまりのみち、草原の椅子、レ・ミゼラブル。リゴレット。かなぁ。良かったのは。あとは、二流小説家の呉井を演じる武田真治がホラーのように怖すぎ。完璧な猟奇的殺人者で、秀逸。

風立ちぬ、に期待する。

2012/12/31

悪の経典、北のカナリアたち、他、あれから観たもの2012年

映画はまめに観に行ってはいるのですが、全然書いていません。

で、今年4月以降に観たもの、まとめて、まとめて。SPEC以降の分。12月から降順で。

12月20日、悪の経典。12月20日、北のカナリアたち。12月19日、ウーマン・イン・ブラック。12月18日、カラスの親指。12月13日、カミハテ商店。12月12日、その夜の侍。12月12日、シルク・ドゥ・ソレイユ3D。12月11日、ふがいない僕は空を見た。12月10日、赤い季節。12月6日、黄金を抱いて翔べ。

11月21日、終の信託。11月14日、のぼうの城。11月8日、METライブビューイング愛の妙薬。11月7日、ツナグ。

10月31日、アウトレイジ・ビヨンド。10月30日、踊る大捜査線・THE FINAL。10月25日、推理作家ポー最後の5日間。10月17日、るろうに剣心。10月16日、天地明察。10月10日、おおかみこどもの雨と雪。10月10日、人生・いろどり。10月9日、夢売るふたり。10月3日、鍵泥棒のメソッド。

9月27日、莫逆家族。9月25日、I'M FLASH!。9月20日、アベンジャーズ。9月7日、BRAVE HEARTS 海猿。9月5日、あなたへ。

8月30日、ヘルタースケルター。8月29日、桐島・部活やめるってよ。8月13日、苦役列車。8月8日、グスコーブドリの伝記。8月7日、メリダとおそろしの森。

7月26日、テルマエ・ロマエ。7月25日、夜のとばりの物語。7月11日、ダーク・シャドウ。

6月28日、モンスターズクラブ。6月27日、シグナル・月曜日のルカ。6月26日、ミッドナイト・イン・パリ。6月13日、ファミリー・ツリー。6月12日、外事警察。

5月30日、わが母の記。5月24日、ポテチ。5月23日、レンタネコ。5月27日、METライブビューイング椿姫。5月16日、HOME・愛しの座敷わらし。5月15日、バトルシップ。5月8日、METライブビューイング・マノン。5月2日、ライアーゲーム・再生。5月2日、アーティスト。

記すだけで疲れる。溜めてしまう自分が悪いのだけれど。

個人的には、あなたへ、北のカナリアたち、外事警察、わが母の記、夜のとばりの物語、ツナグ、のぼうの城、テルマエ・ロマエ、レンタネコ、アーティスト、カミハテ商店、その夜の侍が記憶に留まっている。堺雅人さんの「その夜の侍」での微笑みの眼差し封印はかなりインパクトありでした。あと樹木希林さんの芝居が秀逸。来年の日本アカデミー賞優秀助演女優賞候補になるのじゃないかなぁ。などと思う。

年末年始は映画館通いは、少しお休み。

しかし、12月だけで10本観ましたよ。我ながらよく出来ましたhappy01

2012/04/27

SPEC、あれから、映画、観たもの。

前回、書いてから、気になるものは見に行ってはいるのだが。また、たまっている。

で、その後に観たもの。

4月25日、SPEC~天~、4月19日、東京プレイボーイクラブ、4月18日、僕達急行:A列車で行こう、4月11日、シャーロック・ホームズ:シャドウ・ゲーム、4月4日、ヒューゴの不思議な発明。

3月22日、生きているものはいないのか、3月20日、METライブビューイング:エルナーニ、3月15日、戦火の馬、3月13日、CUT、3月8日、セイジ・陸の魚。

2月29日、キツツキと雨。小栗旬のヘタレ感が何ともキュート。

何だろうね。うまくは言えないけど、心に残ったり、そうではなかったり。

暴力的であったり、ほのぼのであったり、痛快であったり、夢であったり。

でも、あの、暗闇の、異次元空間は、居心地が良い。非現実的で。

連休中も、暗闇通いになるかも。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ

Amazon ウィジット

  • パガニーニアーナ
  • ロマン派の交響曲
  • 天才の育て方
  • クラシック新定番100人100曲